スモールトーク(ものに対する想い)

20年の歩み、そしてこれから

20年の歩み、そしてこれから

1991年夏、街の中心から少し離れた、緑がいっぱいの長い坂道のたもとに店を開きました。
14年目に今の場所に移転して、今年で20年。
20年が短いか長いか。
たかが20年、されど20年。
人でいうとやっと成人、老舗というには程遠く、30年50年100年・・・続く店とはいかに・・・。
しかし、時代の流れは確実に変わってきています。
開店した頃には、携帯もパソコンも普及していなかったのですから。
今では考えられないですが、20年前はそうだったのです。
まだアナログな世界を楽しんでいた時代です。
そう思うと、これから20年後がどうなっているのか?
こんな場所に店出して・・・とか、こんな店今出して・・・とか
当然のように批判の声も浴びながら、当時は若気の至りと怖いもの知らずで
夢と信念を持って続けていました。
でも面白いことに、モノこそ増えましたが
置いているモノの中に、20年前から変わらないモノも多く
年代や世代は変わっても、定番のモノも売れ続けています。
考えさせられます。
一見、こんなにデジタルな時代に変わっても
アナログの魅力も、ちゃんと健在なのです。
便利な世の中になりましたが、うん?これはいいのか・・・?
と自問自答することを続けたいと思うのです。
今年は20周年、
ここまで続けてこられたことへの感謝を込めて、たくさんのイベントを行っています。
そして、東日本大震災と原発事故という大きな災害を前にして
続ける意味を自問しています。
どう続けていくのかを。

ページトップへ